壁が色あせてきたら、外壁の塗り替えの時機であると思われます。見た目がおとろえてきているという事は、塗膜の外側が酸性雨等の影響で樹脂が離脱してしまっているということです。一部分だけ塗料が剥落してきている時も同様になります。よりいたむと外壁部分を指で接したときに塗装がついてくるようになります。これをチョーキングと呼び、丹波市でもこうなったら塗り替えの時機と思われます。

壁の塗り替えの見積りが提示された時に見る項目としては重ね塗りの回数か挙げられます。丹波市でも一般的に重ね塗りというのは下塗り、中塗り、上塗りの3回施します。また、太陽光が当たる方角等、減衰が著しい部分は4回実施する事もある一方、いたみが少ない所については2回になる事も考えられます。重ね塗りを何回するかにより使用する塗装材の分量も費用も違ってきますのでしっかりチェックしておきましょう。見積もり書については、これらを何回施すかをチェックし、省略されている時は質問をぶつけてみるようにして下さい。うやむやな答えをしてくるような業者は、別の所にしたほうが安全です。