壁と同様に屋根の管理についても必須になります。屋根は外壁と比べても日差しをうけますので傷みやすい所なのですが、めったに目にすることはない部位ですし、老朽化に気づいている方も比企郡小川町では多くありません。いたんでいくと中に雨が染みこんで腐敗などを引き起こすケースもあるので、一定期間でのメンテナンスも必要になります。サイクルはというと外壁のように七、八年くらいから十年位を目途に塗り替えをするというのが普通ですが、瓦は塗り替えを施す必要はありません。

外壁の塗り替え業者というのは戸別営業がやっかいだといった感じが比企郡小川町でも持たれます。ポスティングちらしを配ってくる以外にも、壁の塗り替えを安くしますよと急にあらわれる場合も多いと思います。どういうわけで訪問営業をするのでしょうか。建物の外壁が丸見えだからです。業者のセールスは、町を徘徊して、おのおのの建物の壁部分を吟味していって、壁部分が古くなっていたりする所を選択してたずねてくるというわけです。全ての家に営業をかけているのではなく、塗り替えをすべきなところを見つけてやってくるのですが、時には、しつこい戸別営業をするようなところもあるため注意を払うことが必要です。