外壁の形態はモルタルやサイディングが名古屋市東区でも一般的で、そのほかだとトタンや板ばり等です。モルタルというのは、砂石とセメントなどをかき混ぜたモルタル材を左官屋が塗り、その上に塗装して施工するというやり方で、サイディングが開発される前は多数をしめていました。最近の大部分はサイディング材を使った壁で、先立って作業場等で作り出されたサイディングボードという壁材を貼っていくように作り上げていきます。二タイプとも定期的な壁の塗装作業が欠かせないことでは同じになります。

外壁塗装業者というと訪問営業がしつこいといった印象が名古屋市東区でも浸透しています。広告ちらしをいれてくる以外にも、壁の塗り替えをさせてもらいますという感じでとつぜんやってくることも多いと思います。どういう理由で戸別営業をするのでしょうか。外壁部分が道から丸見えだからです。業者の営業担当者は、道路を歩き、個々の外壁部分を調査していき、外壁が古くなっていたりする住まいを見つけたらあらわれるのです。手当たり次第にやってくるのではなく、外壁の塗装をするべきところを見つけて営業をかけているのですが、中には、うんざりする訪問営業を行っている悪徳業者もあるため注意しなくてはなりません。