塗り替え業者というのは訪問営業をしてくるといったイメージが四日市市でももたれます。広告ちらしを配布してくる以外にも、外壁の塗り替えをするべきですよといったように突然玄関先にやってくることも少なくありません。なぜ戸別営業をするのでしょうか。そのわけは建物の壁部分が外から丸見えだからです。業者のセールス担当者は、町を彷徨い、それぞれの家の外壁を見ていって、壁がいたんでいる家を選んで訪問しているのです。すべての家に営業をかけているのではなく、壁の塗装をすべき所を見つけてあらわれるのですが、時には、しつこい訪問営業をしてくるところもあるので注意を払わなくてはなりません。

家の外壁部分が汚れてきたら、壁の塗り替えのタイミングであると思っていいです。色が変化しているのは塗料の外側が太陽光などにより組織を壊されているという事になります。部分的に塗膜が剥脱してしまっているケースも同じになります。さらに傷ついていくと、壁を手で触れた際に塗料がつくようになります。これらをチョーキングと呼び、四日市市でもこのような様子になったら外壁塗装のタイミングと思われます。