壁部分に苔等がつくと見かけが良くないことはもちろん、塗装が傷ついていると判断してください。かびはジメジメした部分に発生しやすく、防カビの効力が低い塗装で塗られているケースでは早期にでてきます。家を建てるときには、経費をおさえるため塗装材の品質を下げるというようなケースも珍しくなく、そうした時には塗装の劣化も早くなります。もっと傷んでいくとひび割れなどもおきて、名古屋市でも修繕の費用は高めになってきますので、すぐにも外壁の塗り替えを施す事が大切です。

外壁部分が汚れてきたら、塗り替えの時機が来ていると判断できます。色が異なっているという事は、塗料が雨風などで樹脂層を分解されているという事になります。塗膜が落ちてしまってきているケースも同様です。もっと老朽化が進むと壁をふれた時に塗装材が手に付着するようになります。このことをチョーキング現象といい、名古屋市でもこうなったら外壁の塗装の時期と考えて大丈夫です。