外壁の塗り替えについての見積もりが出された時に確認する点としては重ね塗りの作業が考えられます。北松浦郡小値賀町でも一般的には重ね塗りの回数は上塗りと中塗り、下塗りの3回やります。とはいえ、日射をうける南西の方角等、いたみが多い所というのは四回実施する事もありますし、傷みが少ない所は二回となる事も考えられます。重ね塗りを何回施すかによって用いる塗料の代金も異なりますのできっちり確認しておきましょう。見積り書では、重ね塗りを何回やるかを注視し、省かれている場合はたずねてみるようにして下さい。あやふやな回答をしてくるような会社は、別の所にした方が良いです。

外壁部分には、サイディングという人工の外壁材というのも北松浦郡小値賀町ではよくつかわれています。サイディングボードというのはケアの心配がいらないという印象を持っている方も少なくないようですが、モルタルの場合と同様に外壁の塗装は必要です。10年くらいで塗り替えを行っていけば、約30年程度は使用できますが、塗り替えをしないでいると早々にひび等といった問題で使用不可能になってしまうこともあります。サイディングボードも表面は塗装の塗膜によりまもられている事に変わりはありません。