壁と同じく屋根のメンテについても必須です。屋根というのは壁と比較しても日光にさらされますので痛みやすい箇所ですが、めったなことでは見えない部分ですし、老朽化を危惧する人も松戸市では多くはありません。劣化が進むと家の内側に雨がしみこみ腐食等が起きることもありますため、何年かごとの整備が必要になります。年数は外壁のようにおよそ7年前後から十年程度にて屋根の塗り替えをしていくのが原則ですが、瓦の屋根は塗り替えは不要です。

外壁の塗装を自分でできないかと検討する方もいらっしゃると思いますが、あまり推奨はできません。技術がある方であれば、やれると思われますが、壁の色をつけるだけなので自分ひとりでも差し障りないという位の意識ならば、やめたほうが無難です。外壁塗装には建物を保全するというような欠かせない役割もあります。下地調整をするケレン作業にて古い塗装材の油膜をのぞいて、重ね塗りしながらやっていくという作業は、どうやってもプロでないとうまくいかないです。松戸市でも塗料の経費は安くはないですし、見た目も悪くなってしまう可能性も大きくなります。