外壁の表面にカビ汚れ等があると見栄えが悪いだけでなく、壁の素地が傷んでいると思ってください。カビやコケは湿気だらけの所に生じやすく、防かびの効果が弱い塗装材を利用しているケースではすぐにも発生します。新築の際には、支出を削るため塗装材の質を低くすることも少なくなく、そういったときには壁の素地の老朽化も早くなります。さらに傷むとヒビなどにもつながり、筑西市でも修繕の費用は高くなりますので、早い段階で外壁塗装を行うことが必要です。

塗り替えについての広告には10年間保障しますというように明記している所も筑西市では多いようです。10年間もあれば十分だといった方もたくさんいますが、気をつけたいのがそれらの内容になります。だいたいのケースでは保証の対象となるのは壁のところだけで壁から塗装材が落ちてしまったときだけ対象となります。しかしながら、壁から塗装材が剥がれてしまうということはそうそうありませんし、外壁にくらべてはがれ落ちやすい鉄部等の箇所は10年保証が効かず、せめても数年くらいという保証の中身になっている場合がほとんどのようです。