外壁の塗装の見積りを業者にお願いする際には業者ごとにお願いするやり方ではなく、インターネットとスマホから使えるいくつかの業者にてまとめて作業見積もりをくれるサービスを使うのが鶴田でも定番になりつつあります。個々の会社に依頼すると相手側は専門のスタッフなので、他の会社にも見積りをもらおうとしても契約させられる場合もありますし、その他の業者と照らし合わせないと見積りが正しい料金であるかも判定できません。戸別営業が少なくない業界だけあり、業者側も契約させようと全力ですし、自分がペースを握る事は簡単ではありません。複数会社から一括して作業見積もりを集められるサービスであれば、他の業者との競い合いとなることを知って参加していますので、とくに協議なしでいきなり安値の見積もり代金を出してきます。

建物の外壁にはサイディングと呼ばれる人工の壁材も鶴田ではたびたびつかわれています。サイディングならばメンテが必要ないという印象を持つ方も多いですが、モルタルと同じく外壁塗装は大切です。約十年程度で塗り替えを行えば、約30年位は使用できますが、塗り替えをしないままでいると早々にひび割れ等といった症状で使用不可能になってしまいます。サイディング材だとしても外層は塗料でまもられていることは同様なのです。