壁の塗装の広告に10年間保障付きと書いてある業者も草加市ではよくあります。十年保障なら大丈夫だというような人も多いですが、注意しておきたいのはその中身になります。ほとんどのケースでは保障の対象となるのは外壁のところのみで、壁から塗装材が剥がれた時だけ保証が効きます。とはいえ、壁から塗装が剥がれ落ちるというような事はそうそうありませんし、外壁にくらべたら剥がれてしまいやすいトタンなどといった場所は十年間保証が認められず、長くても2,3年くらいという保障の内容の事が多いようです。

外壁部分に起こりがちな問題としては、ヒビとかカビ汚れなどが考えられます。ひび割れはというと乾燥状態や建物の歪み等が原因で起こりますが、たいていの場合で修繕可能です。カビはというと湿気の多いところに生じやすく、塗装のかびを防止する効果が低かったりすると起こります。切迫してどうにかすべきものではありませんが表向きもよくないですし、何もせずにおくと劣化し始めますので壁塗装を検討する事も選択肢になります。塗膜がとれるといったケースは草加市でもあまりないですが、たいていのケースは施工の過失です。