壁と同様に屋根のケアも不可欠になります。屋根というのは外壁以上に風雨をうけますのできずつきやすくなる箇所ですが、めったに目に入らない所ですし、老朽化を気にかけている人も舞鶴市では多くはありません。劣化が進むと家の内部に水が入ってきてカビ等が発生してくるケースもありますので、何年かごとのメンテナンスも必須になります。時期は外壁と同じように7年程度から10年位を目途に塗り替えを施すというのが一般的ですが、瓦の屋根は塗り替えを行う必要はありません。

壁の塗り替えについての広告ビラに十年長期保証と記述している業者も舞鶴市では少なくありません。十年もあれば大丈夫だという人も多数いますが、確認しておきたいのが保障の内容になります。だいたいのケースでは対象となるのは外壁の部分だけで壁から塗料が落ちてしまった時だけ保証されます。しかしながら、壁から塗装が落ちてしまうというケースはほとんどないですし、外壁に比べたらとれてしまいやすい木部等というような部分は10年保証の対象とされず、長くても三年程度という保証の中身の事が多くなっています。