壁の塗り替えについての見積り書を受け取ったときに見るポイントとしては重ね塗りがあります。南埼玉郡白岡町でも通常は重ね塗りは三回実施します。日射が当たる南西の方角など、いたみが厳しい部分については4回作業することもあり、痛みが少ない部分については二回になることもあります。重ね塗りを何回施すかによって塗料の量も代金もちがってきますのできちんと気をつけましょう。見積り書については、これらを何回やるかを注視し、書かれていないときは聞いてみるようにしてください。曖昧な返答をしてくるところは、別の業者にした方が安心です。

建物の外壁の形では、モルタルとサイディングが南埼玉郡白岡町でも多く、それ以外にはトタンなどがあります。モルタル外壁というのは、砂やセメントなどを練ったモルタルを左官屋が塗りつけて、その上に塗料を塗って作る方法でサイディング材がでてくる前は大部分をしめていました。この頃の主流はサイディングボードを使った外壁ですが、予め作業場などで作成されたサイディング材と呼ばれる壁材を貼りこんでいく形で作っていきます。どちらも一定期間での外壁の塗装作業は必要であることでは違いはありません。