壁部分におきる異常には、ひび割れとかかび等がありがちです。ヒビというのは建物の歪みなどによりおきますが、多くのケースでは修理可能です。かびはジメジメしているところにつきやすく、塗料の防カビ剤の効果が弱かったりした時に起こります。緊急になんとかする状況ではありませんが表向きも良くないですし、その状態のまま何もしないでいると、いたんでしまいますので壁塗装を施す事も選択肢です。塗装の皮膜がはがれるという事は稚内市でもあまりないですが、たいていのケースは塗装の際のミスになります。

外壁には、サイディング材と呼ばれる壁も稚内市では多く用います。サイディングボードはケアをしてなくても良いといった印象を持っている人も多数いるようですが、モルタルと同様に外壁塗装は欠かせません。だいたい十年くらいで塗り替えをすれば、三十年前後はつかえますが、塗り替えをしないままでいると早期にヒビ割れなどのトラブルにより使えなくなってしまいます。サイディングボードでも表面は塗装の塗膜により保全されているという事に違いはありません。