家の壁部分につやがなくなってきたら外壁塗装の時機が来ていると判断できます。見栄えがちがっているという事は塗膜の外層が風雨などによって樹脂を壊されてしまっているという事になります。塗料が落ちてしまっている場合も同じです。さらに傷んでいくと壁部分を指で触れた際に塗装がついてくるようになります。これらをチョーキング現象といい、狛江市でもこのようになったら壁の塗り替えの時期と考えていいです。

壁部分には、サイディングという壁も狛江市では多く使われます。サイディング材は整備をする必要がないといった印象をもつ人も多数いるようですが、モルタル外壁のように外壁の塗装は欠かせません。だいたい10年くらいで塗り替えを施せば、三十年位はもちますが、塗装をしないでいると早めにクラックなどといった症状で使えなくなってしまうこともあります。サイディング材であっても表面は塗膜により守られている事は変わらないのです。