家の壁の形は、モルタルとサイディングボードが大阪市西区でも一般的で、それら以外にはトタンや板などになります。モルタルの壁というのは、砂石やセメント等を練り混ぜたモルタルを左官職人が壁に塗って、そこに塗装をして施工するといったやり方で、サイディングボードが登場する前は多くをしめていました。最近の大半はサイディング材をつかった壁ですが、前もって工場などにてつくられたサイディング材という壁材を貼りこんでいく形で施工するものです。いずれの壁も何年かごとの外壁の塗り替え作業が必要である点では同じになります。

建物の外壁部分の色あせが目立ってきたら、外壁塗装の時期だと判断していいです。見た目がおとろえているということは、塗膜が酸性雨などによって顔料を壊されているということになります。塗料が取れてしまっているケースも同様になります。よりいたむと、外壁を触れた時に塗料が手につきます。このことをチョーキングと称し、大阪市西区でもこうなったら塗り替えのタイミングと考えられます。