外壁部分に汚れが目立ってきたら壁の塗り替えのタイミングになったと思って大丈夫です。見た目が違ってきているということは塗料の外層が日光等により樹脂層を壊されてきているという事です。塗膜が剥脱しているケースも同様です。さらにいたんでいくと、外壁を手で触れた時に塗装がつきます。これをチョーキング現象と言い、虎ノ門でもこのような感じになったら壁の塗り替えの時期とされます。

壁の塗り替えについての見積もり書が出たときに確認しておく箇所としては重ね塗りがあります。虎ノ門でも一般的には重ね塗りの回数というのは3回やります。日光をうける方向等、減衰が大きいところについては4回やることもある一方、紫外線が当たらない壁は二回となる事もあります。重ね塗りを何回施すかによって使用する塗料の量も金額も異なりますのできっちり確認しましょう。見積り書については、重ね塗りを何回施すかを見て、書いていない場合はたずねるのがよいです。不明瞭な答えをしてくる業者は頼まない方が無難です。