見積りのときに気をつける項目として下地調整のケレン作業が考えられます。前の塗装の油膜を取り除いて外壁の下地を調整する施工で、これらの作業を省いてしまうと、新しい塗装材がきちっと働かなかったり、早期に剥がれたりしてしまいます。野々口でも、下地調整は時間がいるため、なかには、これを省略する会社も存在するので注意を払わなくてはなりません。期間がかなり短期だったり、費用がものすごく安上がりな場合は、ケレン作業を行うかを注視してください。省かれている際には質問をぶつけてみるようにしてください。

外壁部分に汚れが目立ってきたら外壁の塗装のタイミングになったと考えていいです。見かけが変化しているという事は、塗装材の外層が酸性雨等によって樹脂を壊されているという事になります。部分的に塗料が剥がれてきているときも同じです。もっといたんでいくと、壁部分を指で触れたときに塗装が付着してきます。この現象をチョーキング現象と称し、野々口でもこうなったら壁の塗り替えの時期と判断していいです。