見積もりのときに目を通しておく点としては下地調整のケレン作業があります。元々の塗装の膜を除去して外壁の具合を調整するもので、この施工を省いてしまうと、新たな塗料がしっかり塗れなかったり、早い段階で剥がれたりすることもよくあります。中津川市でも、下地調整を行うケレン作業というのは手間がかかってくるので、これらの工程をやらないで済ますところもあるようなので注意しなくてはなりません。期間がとても短期間だったり、代金がとても安上がりな場合は、下地調整を行うケレン作業のありなしをチェックしましょう。記載がない場合はたずねるようにして下さい。

壁と同じく屋根の手入れも大切になります。屋根というのは外壁よりも紫外線の影響を受けるのできずつきやすくなる部位ですが、日ごろは見ない部位ですし、傷みを気にする人も中津川市では多くはありません。劣化すると、建物の内部に雨水が入り込んでかび等がおきるケースもあるので、周期的な整備が重要です。サイクルはというと外壁と同様に七年くらいから10年程度にて屋根の塗装をするのが通例ですが、日本瓦は塗り替えを施す必要はありません。