外壁のように屋根の手入れも必要です。屋根は壁以上に風雨にさらされますので劣化も早い箇所なのですが、そうそう目に入らない所ですし、傷みを危惧する方も大竹市では少ないです。劣化が進むと内部に水分が染みこみカビなどが起きる場合もあるため、何年かごとの整備が大事になります。時期は外壁と同じく7年位より10年位にて屋根の塗装をするのが通常のやり方ですが、日本瓦の場合は塗り替えはいりません。

外壁の塗り替え会社というのは飛び込み営業が少なくないというような印象が大竹市でも持たれています。ポスティングちらしを撒いてくるのみならず、壁の塗り替えをしてくださいというように不意に営業してくるケースも増えつつあります。どういう理由で訪問営業をするのでしょう。建物の外壁部分が道から丸見えだからです。業者のセールスは道路をさまよい、一つ一つ壁を調査していき、外壁が古くなっていたりする所を見つけたら訪れるというわけです。無作為にセールスしてくるのではなく、壁の塗り替えをしたほうがよいところを選択して訪問しているのですが、ときには、行き過ぎた直接営業を行うような業者もあるため気をつけてください。