壁の塗装の見積りをもらったときに注視しておく点として重ね塗りの作業が考えられます。新橋でも通常は重ね塗りは下塗り、中塗り、上塗りの三回やります。とはいえ、日射を受ける南西の方角など、劣化が酷い壁については4回作業する事もある一方、日射が当たらないところについては2回になる事もあります。重ね塗りを何回やるかにより使う塗料の量も金額も異なりますのできっちり気をつけましょう。見積もりでは、重ね塗りを何回施すかを注視し、記述がないときはたずねてみるようにしてください。曖昧な回答をしてくるような所は、避けるようにした方がよいです。

マイホームの外壁の塗り替えをしてもらう時期というのは、家を建ててから、もしくは前の外壁塗装からの年数でいうと、通常は新橋でもおよそ十年前後になります。当然、環境等で違いますが、平均してそれくらいになります。なかには、新築時に低品質の塗装材 を使用していたり、元々塗装材 を使っていないケースもあり、そのようなときははやく外壁が傷ついてしまうといったことも珍しくありません。壁の塗り替えはひび割れなどを防ぐ目的を持ちますので周期的に行うようにしましょう。