家の壁に汚れが目立つようになったら外壁の塗装の時機になったと考えていいです。色が変わっているのは塗膜の表面が太陽光等により顔料を分解されているということです。塗装材が剥脱してしまっているケースも同様になります。さらに老朽化が進むと外壁を手でさわったときに塗料が手につくようになります。この現象をチョーキングと言い、那珂市でもこの現象が起きたら外壁塗装の時機と判断できます。

塗り替えをするときに慎重にしたいのが壁色のチョイスになります。先立って塗料のサンプルで決定するのですが、実際に完成してみるとイメージとは別物にでき上がったということが那珂市でも珍しくありません。小さいサイズのサンプルの色の雰囲気と外壁全体に塗られた色とではイメージは違ってくることも珍しくありません。周囲の住居とのバランスを考えることもポイントです。一般的には、ヴィヴィッドな色彩の場合は時とともに色の劣化が出てくるので、上品な色彩にすると間違いが少ないです。