外壁のように屋根のケアについても必要です。屋根は壁と比べても雨風をうけますのでいたみやすい部分ですが、普段は目にしない部位ですし、劣化を危惧する人も大野城市では多くはありません。劣化が進むと、建物の内側に水が染みこみかびなどが発生してくるケースもあるため、周期的なメンテが必要です。期間は壁と同じように約七年前後から10年くらいを目安に塗装を施すというのが普通のやり方ですが、瓦の場合は塗り替えを行う必要はないです。

外壁の塗り替えについてのちらしに十年保証しますとうたっている業者も大野城市では多いと思います。十年間保証ならありがたいといった人も少なくないですが、注意したいのがその意味になります。ほとんどの場合は保障されるのは壁の所だけで壁から塗装材が剥がれ落ちてしまったケースだけ対象となります。しかし、外壁から塗料が剥がれ落ちるといった事態はそうそうありませんし、外壁に比べたら剥がれやすい木部やトタンなどというような場所は十年保証の対象にはならず、長くて三年くらいといった保障の内容になっている場合が多いようです。