壁の塗り替えを行う時に慎重にしたいのが壁色選びになります。予め塗装材の色見本を見て決定する形になりますが、塗装してみると考えていたものと違う色に出来上がってしまったというようなことが出水市でも珍しくありません。どうしても色見本の色と外壁一面に塗装されたものとではフンイキはちがってきてしまうことも少なくありません。まわりの家屋とのバランスを想像してみる事も大事になります。基本的に、鮮烈な色だと年月の経過につれて汚れがでてくるので、落ち着きのある色彩を選ぶと失敗が少ないです。

家の外壁が古ぼけてきたら、塗り替えの時機であると思われます。見た目がおとろえているのは塗料の外層が日光などで樹脂を壊されてきているということになります。部分的に塗料が取れている時も同様です。より傷むと、壁部分を手でふれたときに塗装材が手につきます。この現象をチョーキング現象と呼び、出水市でもこのような感じになったら壁の塗装の時機とされています。