外壁と同じように屋根の整備についても大切になります。屋根は壁と比較しても風雨にさらされるのでいたみやすい場所なのですが、そうそう見えない部位ですし、いたみを気にかけている人も糟屋郡久山町では多くありません。劣化が進むと、建物の内側に雨水がしみこんで腐敗などがおきる事もありますので、定期的な管理も必要です。時期はというと外壁と同じようにおよそ7年位から十年位を目安に屋根の塗装を行うのが通例ですが、瓦ぶきの場合は塗り替えはしなくてもOKです。

壁の塗り替えをする際に注意しておきたいのが色選びになります。事前に塗料のサンプルを見て選択する形になりますが、塗装されると想像していた色とちがう風にでき上がったというようなことが糟屋郡久山町でも珍しくありません。どうしても小さいサイズのサンプルの色のフンイキと外壁全面に塗られた色ではフンイキはちがってくることも多々あります。周辺の建造物の色彩とのバランスを想像してみる事も大切になります。基本的には、鮮やかな色を選択すると年数が経つと色あせが出やすいので、おだやかな色彩にすると失敗が少なくなります。