壁につやがなくなってきたら外壁の塗り替えの時機だと思っていいです。見た目が異なってきているのは、塗料の外層が酸性雨などによって組織を分解されてしまっているという事になります。一部だけ塗膜がとれているときも同様になります。さらに傷つくと壁部分を手で接した際に塗装が手に付着します。この現象を塗料の白亜化と呼び、稲敷郡阿見町でもこの現象が起きたら外壁の塗り替えのタイミングと思って大丈夫です。

塗り替えについての見積もりがでたときに目を通しておくポイントとしては、重ね塗りの回数があります。稲敷郡阿見町でも通常は重ね塗りは上塗り、中塗り、下塗りの3回施工します。日差しがあたる南西の方角等、痛みがひどいところは四回作業する事もあり、いたみが少ない部分については二回となる事もあります。重ね塗りを何回施すかでつかう塗装材の量も代金も異なりますのできちんと見ておきましょう。見積り書では、重ね塗りの回数に気をつけ、記載がない時は訊ねるようにして下さい。あいまいな返答をしてくるような業者は、やめた方が安全です。