建物の壁に起こるトラブルとしては、ひび割れ、かび汚れなどがよく見られます。ヒビ割れというのは乾燥や構造の歪み等から発生しますが、たいていのケースでは修繕は可能です。かびはというとジメジメしている場所に発生しやすく、塗装の防カビ剤の効果が低かったりしたときに生じます。切迫してなんとかすべき事態ではありませんが外観もよくないですし、その状態のままほったらかしておくと傷つき始めますので壁の塗装をするのも考えられます。塗装材が落ちるといった事は淡路市でもそれほどないのですが、たいがいのケースは施工上の間違いになります。

外壁と同様に屋根のメンテについても不可欠になります。屋根というのは壁よりも日光の影響を受けますので痛みやすいところですが、あまり見ない場所ですし、傷みを心配している人も淡路市では多くありません。古くなると、内部に水分がしみこみ浸食などが生じてくるときもあるので、何年かごとの手入れも不可欠です。サイクルはというと壁と同様に7,8年程度より10年程度にて屋根の塗装をしていくというのが通常ですが、日本瓦は塗り替えを施す必要はありません。