外壁の塗装の見積もり書をもらった際に見る箇所として重ね塗りの工程が考えられます。南巨摩郡増穂町でも一般的には重ね塗りは下塗り、中塗り、上塗りの三回施工します。ただ、紫外線をうける側等、いたみが多い部分というのは4回施工する事もある一方、痛みが少ないところは二回となることもあります。重ね塗りの回数によって用いる塗装材の費用も変わりますのでしっかりチェックしておきましょう。見積りでは、これらを何回やるかを確認し、書いていない場合は聞くようにしましょう。適当な答えをしてくる感じの会社は、別の会社にした方が賢いです。

塗り替えをする時に注意したいのが色の選択になります。前もって塗装材の見本を見て選んでいくのですが、実際に完成してみると思っていたものと違うように仕上がったというような事が南巨摩郡増穂町でも多いです。小型のサンプルの色と壁全体に塗られたものでは雰囲気は差が出てしまうものです。周りの住居の色との釣り合いを意識してみる事も必要です。一般的には、鮮烈な色の場合は時の経過とともに汚れがでてくるので、落ち着いた色彩にすると間違いがありません。