塗り替えを自分自身ですることができないかと知恵をしぼる人もおりますが、推奨はできません。技術がある人であるならば、やれるかもしれないですが、外壁の色を塗るくらいなら自分でも可能だというくらいの認識の場合は、やめておいた方が安全です。外壁の塗装には建造物を維持するというような欠かせないねらいも含まれています。下地処理のケレン作業で以前の塗装の塗膜を取り除いてから、重ね塗りを行って行っていくという工程は、どうしても個人ではできないです。筑後草野でも材料費は安くありませんし、美観も粗末になるという可能性も大きいです。

壁の塗装を施す際にきちんとやっておきたいのが壁色選びです。事前に塗装の色見本を元に決定する形になるのですが、実際に塗装されると考えていた色とは別物になったという事が筑後草野でも多くなっています。どうしても小さなサンプルで見る色のフンイキと壁全部に塗られた色ではイメージは違ってきてしまうことも多々あります。近所の家とのつりあいを思い浮かべる事も必要です。基本的に、カラフルな色彩の場合は年月が経つにつれて色の劣化が出やすいので、落ち着きのある色を選ぶと失敗がありません。