見積りのときに気をつけるポイントとして下地処理を行うケレン作業か挙げられます。元の塗装を取って外壁の環境を整えておくもので、この工程をやらないと、新しい塗料がしっかりと機能を果たせなかったり、短い年数ではがれたりしてしまいます。横浜市神奈川区でも、下地調整は労力がかかってくるため、中には、この施工を飛ばす会社もあるようなので気をつける必要があります。期間がかなり少なかったり、料金が極端に安価だったりする際には、下地調整のケレン作業を行うかを確認しておきましょう。書いていないときは訊ねてみるようにして下さい。

壁の塗装会社というのは直接営業をしてくるといった感じが横浜市神奈川区でももたれています。ポスティングちらしを配るだけでなく、塗り替えをしましょうという感じにとつぜん現れることも増えつつあります。どういう理由で戸別営業が多いのかというと、そのわけは壁が道から見えるからです。業者のセールスは、町をさまよい、一軒ずつ家の外壁を見ていって、壁が老朽化している家を選んで現れるのです。全部の家におとずれるというわけではなく、外壁塗装をするべきところを選んでたずねてくるのですが、時には、しつこい訪問営業を行っているような業者もあるため気をつけてください。