外壁の塗装についての見積り書が提示された時に気をつける項目としては、重ね塗りの工程か挙げられます。鶴岡市でも一般的には重ね塗りというのは下塗り、中塗り、上塗りの三回行います。ただ、日差しを受ける側など、劣化が大きい壁は4回やることもあり、劣化が少ない部分については二回となる事も考えられます。重ね塗りを何回施すかでつかう塗料の量も代金も差が出てきますのでしっかりチェックしましょう。見積り書では、重ね塗りを何回行うかをチェックし、書かれていない場合は聞くようにして下さい。曖昧な受け答えをしてくる感じのところは契約しない方が安心です。

壁と同様に屋根の管理も不可欠です。屋根というのは壁と比較しても紫外線をうけますので傷つきやすくなる所ですが、普段は目にすることはない部位ですし、痛みを気にかけている人も鶴岡市では少数です。傷つくと家の内部に雨が染みこみ浸食などを引き起こす事もありますので、周期的なメンテも大事です。期間は外壁と同様に七、八年位から十年前後で屋根の塗り替えをするのが原則ですが、日本瓦は塗り替えを行う必要はありません。