壁部分に汚れが目立つようになったら外壁塗装のタイミングが来ていると判断してください。色がおとろえてきているということは、塗装材が雨風などにより組織を分解されてしまっているということになります。部分的に塗装材が落ちてきているときも同じです。さらに劣化が進むと、壁をタッチしたときに塗装材がつきます。これを塗装の白亜化と称し、福知山市でもこの症状になったら外壁の塗装のタイミングとされています。

建築物というのは建てられた段階から劣化し始めているので、定期的に維持管理をしていく事が福知山市でも必要です。特に壁は常に雨風にさらされていて、じわじわと傷ついていきます。放っていると壁にひび割れが入る等、修復をすることになります。外壁が傷ついていくのをガードするためには外壁の塗装は欠かせません。塗り替えというのは外観を美しくするだけでなく、外壁部分を強化してヒビ割れなどを防止するといったねらいももち、修繕の費用などを払わなくてすみます。汚れてないから不必要といったことではなく、家屋を保護するのに欠かせない整備となります。