壁と同様に屋根のメンテナンスも大切です。屋根というのは外壁と比較しても風雨にさらされますので劣化も早い箇所なのですが、そうそう見ないところですし、いたみに気づいている方も新冠郡新冠町では少数です。傷ついていくと、家の中に雨が染みこんで腐敗などが起きてくる場合もあるので、周期的なケアも大事になります。サイクルはというと外壁と同様におよそ七年くらいより十年程度にて塗装をしていくのが普通のやり方ですが、瓦の屋根は塗り替えを施す必要はないです。

外壁の塗り替えについてのビラを見ると10年間保障ですと記述している会社も新冠郡新冠町では少なくないです。十年ならば大丈夫だというような人も多数いますが、気をつけたいのは保障の内容です。ほとんどのケースでは保証が認められるのは外壁の部分のみで、壁から塗料が剥がれてしまった場合だけ対象となります。しかしながら、外壁から塗装材がはがれ落ちるということはほとんどないですし、外壁と比較して落ちてしまいやすい木部等の部分は10年間保障の対象にはならず、せいぜい2,3年位といった保障の中身の場合が大部分です。