壁に汚れが目立ってきたら外壁の塗り替えのタイミングだと考えていいです。外観が異なっているという事は塗装材が日差しなどによって樹脂を壊されているという事になります。部分的に塗装材が取れてきているときも同じです。さらにいたむと、壁部分をさわったときに塗装が手に付着してきます。これを塗膜の白亜化と呼び、中津市でもこの症状になったら塗り替えの時期と思われます。

壁の塗装の見積り書を出してもらった時に見ておくポイントとして重ね塗りが考えられます。中津市でも基本的に重ね塗りの回数は三回実施します。ただ、紫外線をうける南西等、老朽化が大きい場所については四回やることもある一方、太陽光が当たらないところは2回となることも考えられます。重ね塗りを何回施すかによってつかう塗料の料金も変わってきますのできっちり確認しておきましょう。見積もり書については、重ね塗りの回数に気をつけ、省略されている時は質問するようにしましょう。うやむやな対応をしてくる所は依頼しないほうが無難です。