甲賀市にて外壁の塗り替え業者を決めるときの手がかりになるのが資格や施工実績です。資格といった点では塗装工事業の都道府県知事許認可を持っている会社かという事が不可欠です。職人個人の資格としては、国家資格の塗装技能士があります。それら以上に大切なポイントが作業実績で、資格はもっているけれど経験がまるっきりないのでは不安です。前にどんな塗装をしたことがあるのか等を伺ったり、塗り替えの疑問点をたずねてみるというのもありだと思います。対応等がきっちりしているならば信用してまかせられます。

外壁の塗り替えについての広告ビラに十年保障ですというように記載してある業者も甲賀市では少なくないようです。十年保障ならば満足だという人も少なくないですが、見ておきたいのはその中身になります。ほとんどのケースでは保証が認められるのは外壁のところだけで壁から塗料が剥がれたときだけ保証が認められます。しかし、外壁から塗料がはがれ落ちるということはそうめったにはありませんし、外壁にくらべてとれてしまいやすい木部等のところは10年間保障の対象にはならず、せめても2,3年くらいというような保証の中身になっていることが多くなっています。