持ち家の壁の塗装を依頼する時期は、建築してから、または過去の壁の塗装からでいうと、一般的に金橋でも約十年前後です。もちろん、気候などで差はありますが、標準としてその程度になります。中には、建設時に安い塗装材 を利用していたり、塗装材 そのものを使用してないような事もあり、そのような時には早めに壁部分が傷ついてしまうといった事も少なくありません。塗り替えはひび割れなどを押さえるといったねらいを持ちますので、一定期間でやるようにしてください。

壁の形としてはモルタルやサイディングボードというのが金橋でも一般的で、そのほかにはトタンや板等となっています。モルタル外壁というのは、砂やセメント等を混ぜたモルタルを左官屋が壁に塗って、その上に塗装材を塗って作るといった方法でサイディングボードがあらわれる前は多数派でした。近年の主流はサイディングボードを用いた壁となり、先立って工場などでつくられたサイディングという外壁材を貼っていく形で作っていきます。いずれの壁も何年かごとの壁の塗装作業が欠かせない点では同じになります。