天理市でも塗り替えは外観を綺麗にしておくという狙いだけでなく、そもそもは建造物を防水してガードする事が目的になります。壁の下地というのは塗装の皮膜でつつむことによって守られているのですが、時の経過につれて老朽化して、剥がれてしまったりします。そのような感じになると建物を維持する事が難しくなり、柱などの家のつくりにまで傷んでいくことも考えられます。外壁が老朽化してから外壁塗装を施すのでは後の祭りですから、そういった状況を避けるために早期の壁の塗装作業が重要です。きっちりと整備を行うことによって家の寿命も長くなります。

壁が色あせてきたら、外壁塗装の時期になったと判断できます。見た目が劣化しているということは塗料の外層が雨風などの影響で樹脂を壊されてきているという事になります。一部分だけ塗膜がとれてしまっている場合も同様です。さらにいたんでいくと、外壁を指で触れたときに塗料が付着するようになります。このことを塗装の白亜化と称し、天理市でもこうなったら外壁の塗り替えの時期とされています。