建物の外壁にはサイディングというボード状の壁材も大島郡喜界町では一般的に用いられます。サイディング材というのはメンテナンスが必要ないというような印象をいだく人も少なくないですが、モルタルと同様に外壁の塗装は欠かせません。約10年くらいで塗装を施せば、だいたい30年前後は使用できますが、塗り替えをしないと早々にひび割れ等の症状で使用できなくなってしまうこともあります。サイディングボードも外側は塗膜によりまもられていることは変わらないのです。

壁部分にカビやコケ等がつくと外見がよくないだけでなく、塗装材が傷んできていると判断できます。かびは陽が当たらないところに発生しやすく、カビを防ぐ効果が低い塗装材を使っている場合は早期に現れてきます。建築の際には、経費を削減するため塗料の品質を下げることもあり、その場合には塗装材の劣化も早くなります。より傷んでいくと、ヒビ等も発生し、大島郡喜界町でも修復の費用は大きくなりますから、早い年数で塗り替えを施す事が大事です。