家の外壁のタイプはモルタル外壁やサイディング材というのが清瀬市でも多数で、それら以外にはトタンや板等です。モルタル外壁というのはセメントと砂などを混ぜ合わせたモルタル材を職人さんが壁に塗りつけて、そこに塗装をして作るというやり方で、サイディング材が登場する前は日本家屋の大半をしめていました。このごろの大半はサイディングの壁となり、あらかじめ加工場等にて製造されたサイディング材という外壁材をくっつけていくように作っていきます。どちらも定期的な外壁の塗装作業は大切であるという点では同様です。

壁にカビやコケなどが発生すると見栄えがまずいだけにとどまらず、壁の素地がいたんでいると判断できます。苔は太陽が当たらない場所にでやすく、防かびの効き目が低い塗装材で塗られているケースでは早い段階でできてきます。建築の時には、諸費用を削減するために塗料の質を低くするといった事も少なくなく、それらの際には塗料の老朽化も早くなります。よりいたんでいくとクラック等も起きて、清瀬市でも修繕費用は高めになってきますから、すぐにも外壁塗装を行うことが大切です。