外壁の塗り替えをする時に気をつけたいのが色の決め方です。あらかじめ塗装の色サンプルにて決定していく形になりますが、塗装すると考えていた色とちがうものに仕上がったという事が多摩市でも多くなっています。色サンプルの色のフンイキと壁すべてに塗装された色とではフンイキは変わってきてしまうことも多いです。周辺の住居の色とのバランスを思い浮かべてみる事もポイントになります。基本的に、鮮烈な色を選択すると時が経つにつれ色の衰えがでてくるので、落ち着いた色彩を選択すると間違いがありません。

壁部分におきる問題には、ひびとかカビなどが挙げられます。クラックはというと家のゆがみなどが起因しておきますが、大概の場合で補修できます。かび汚れというのはジメジメしているところにつきやすく、塗装のカビを防ぐ効果が弱かったりするとおきます。すぐに対応する状況ではありませんが美観も悪いですし、ほったらかしていると、いたんでしまいますので塗り替えを施すのも選択肢になります。塗装材が剥脱するということは多摩市でも多くはないのですが、たいがいのケースは施工の過ちです。