外壁にはサイディングと呼ばれる人造の壁材というのも幸手市では頻繁に使用されています。サイディングボードならばケアが必要ないといった印象をもっている方も少なくないですが、モルタル外壁の場合のように外壁の塗装は不可欠です。十年前後で塗り替えを行えば、30年前後は大丈夫ですが、塗り替えをしないと早めの年数でひびなどといった症状により使えなくなってしまうこともあります。サイディングボードでも表面は塗装の皮膜によって保護されているということは同じになります。

外壁の塗装のちらしでは十年保証というように明記してある業者も幸手市では少なくないようです。10年ならば安心だという人も多数いますが、注意したいのはそれらの意味になります。多くのケースでは認められるのは外壁の部分のみで、外壁から塗料が剥がれ落ちてしまった時だけ保証が効きます。しかしながら、壁から塗装が剥がれてしまうということはあまりないですし、外壁よりもはがれやすい木部などといった部位は十年間保証が効かず、せめても3年位といった保証の内容である場合が多いです。