外壁の種類としては、モルタル外壁とサイディングボードが河内郡河内町でも多く、他にはトタンや板などとなっています。モルタルの壁というのは砂とセメント等を練り合わせたモルタルを左官屋が塗り、そこに塗料を塗って作るといった方法でサイディングが開発される前は日本の家のほとんどをしめていました。近年の多数派はサイディングボードを使った壁で、前もって工場などで製造されたサイディングという壁材を貼り合わせるように施工します。両方の壁も一定期間での外壁塗装は必須である点では変わりはありません。

持ち家の外壁塗装を行う時期は、家が完成してから、または以前の壁の塗装からの期間でいうと、基本的に河内郡河内町でもだいたい十年くらいになります。気象条件などによって変わってきますが、相場としてその程度になります。ときには、新築の時に粗悪な塗料を利用していたり、ハナから塗装材 そのものをつかっていない場合もあって、その時はたちまち壁部分が老朽化するというような事もあります。外壁の塗り替えというのはヒビ割れ等を押さえる狙いもありますので必ずするようにしてください。