建物の外壁の種類は、モルタルやサイディングが南牟婁郡紀宝町でも多く使われ、その他にはトタンや板などになります。モルタルの壁というのは、砂石とセメントなどを練り混ぜて作ったモルタル材を職人が塗りつけて、さらに塗料を塗って作るというもので、サイディング材が登場する以前は日本家屋の多数派でした。このごろの大半はサイディングボードを使用した壁になり、前もって工場などで作り出されたサイディングと呼ばれる外壁材をくっつけていく形で仕上げていきます。いずれも一定期間での壁の塗り替え作業が不可欠であることでは変わりはありません。

壁のように屋根の管理についても大切です。屋根は壁と比較しても太陽光をうけますので傷つきやすくなる部分なのですが、めったなことでは目にすることはない場所ですし、劣化を危惧する人も南牟婁郡紀宝町では多くはありません。傷むと、家の内部に雨が入って腐敗等が生じるときもありますので、定期的な管理も大事になります。時期はというと壁のように七年前後より10年くらいにて屋根の塗り替えを行うというのが普通のやり方ですが、日本瓦の場合は塗り替えはしなくてもOKです。