外壁の塗装を行う際に注意しておきたいのが色の決め方になります。事前に塗装の色サンプルを元に選んでいく形になりますが、塗装してみると考えていたものとちがう色に出来上がったというような事があおば通でも多いです。どうしても小さな色サンプルで見る色と外壁全体に塗られた色とではイメージは違ってきてしまうことも少なくないです。まわりの建築物の色彩とのつりあいを心に留める事も大事です。基本的には、鮮やかすぎる色にすると時間が経つにつれ色の劣化が著しいので、おだやかな色彩を選ぶと失敗がありません。

見積もりの時に確認しておく観点として下地処理を行うケレン作業があります。これまでの塗装の塗膜を除去して壁のコンディションを整えておくもので、この工程を省略してしまうと、新規の塗料がきちっと働かなかったり、早めに落ちてしまったりすることもあります。あおば通でも、下地処理のケレン作業というのは手間と時間がかかるので、これをやらないで済ます会社もあるようなので注意してください。完成までの日程がものすごく少なかったり、費用が極端に安価な時は、下地処理をするケレン作業をしているかを確認しましょう。記載がない際には訊ねるようにしてください。