外壁の塗り替えの見積りを出してもらった際に目を通す項目として重ね塗りの作業があります。畝傍でも通常重ね塗りは下塗り、中塗り、上塗りの三回実施します。太陽光が当たる南西の方角など、いたみが激しい部分については4回施す事もありますし、紫外線が当たらない壁は2回となることも考えられます。重ね塗りを何回施すかで塗装材の量も費用も異なりますのでしっかり目を通しておきましょう。見積り書では、これらの回数を見て、書かれていない際にはたずねてみるのがよいです。あやふやな対応をしてくる所は回避するようにしたほうが安全です。

壁の塗り替え業者は飛び込み営業が多いというような感じが畝傍でも持たれています。ポスティングちらしを入れてくる以外にも、外壁の塗装をするべきですと急にたずねてくる場合も増えつつあります。どうして直接営業をするのかというと、外壁部分が道路からむき出しだからです。業者のセールスは住宅地をさまよい、ひとつひとつ壁をチェックしていって、外壁がキズついている住居を見つけて訪れるのです。手当たり次第に営業してくるというわけではなく、壁の塗装をすべきなところを選んでたずねてくるのですが、中には、たちの悪い直接営業をする悪徳業者もあるため注意が必要です。