外壁と同様に屋根のメンテナンスについても大切になります。屋根というのは外壁と比較しても日差しをうけるのできずつきやすくなる部位ですが、普段は見ない箇所ですし、劣化を気にかけている人も野里では多くはないです。老朽化が進むと、内側に水が入ってきて腐敗などを引き起こすときもあるため、一定期間での手入れが重要になります。年数は壁と同じく七年程度から十年位を目途に塗り替えをやっていくというのが通常ですが、瓦ぶきは塗り替えを施す必要はありません。

外壁の外層にカビなどがあると見栄えが汚いことはもちろん、塗装材が劣化してきていると考えてください。苔は湿度の高いところにできやすく、かびを防止する効果が弱い塗装材を用いているケースでは早い年数で発生します。新築の際は、諸費用をカットするため塗装材の質を下げるということも珍しくなく、そういった際には塗膜の劣化も早くなります。もっと劣化するとひび等にもつながり、野里でも補修費用は大きくなりますので、早い年数で塗り替えを行う事が重要です。