建物の壁に発生する異常としては、ひびやかび等がよく見られます。ひび割れというのは家のひずみなどが理由で起きますが、多くのケースで補修可能です。カビやコケはというと湿度の高い部分に生じやすく、塗装材の防カビ剤の効力が低かったりした時に起きます。緊急になんとかしなくてはいけない状態ではないですが見た目も悪いですし、そのまま何もしないでおくと傷つき始めますので外壁の塗装を施す事もありです。塗料が剥落するといったことは荒川区でも多くないですが、たいていのケースは作業上の過失によるものです。

塗り替えについての見積もりを受け取った際に見る観点としては重ね塗りの回数が考えられます。荒川区でも基本的には重ね塗りというのは上塗り、中塗り、下塗りの3回実施します。また、紫外線をうける方角等、傷みが多い部分というのは4回行う事もある一方、日射が当たらない場所は2回になることもあります。重ね塗りを何回するかにより塗料の分量も代金も違ってきますのでしっかり注視しておきましょう。見積りについては、重ね塗りを何回施すかを見て、書かれていない時は訊ねるようにしましょう。雑な返答をしてくるようなところは頼まない方が良いです。