外壁の塗り替えを施すときに注意しておきたいのが壁色のチョイスになります。前もって塗装材のサンプルを見て選ぶ形になりますが、実際に塗られてみると思っていた色と違う色になってしまったというような事が南津軽郡藤崎町でも少なくありません。どうしても見本の色の感じと壁すべてに塗られた色とでは印象は差が出ることも多々あります。近所の建造物の色とのマッチ具合を思い浮かべることも必要です。基本的に、ヴィヴィッドな色にすると時間の経過につれて劣化が目立つので、上品な色彩を選ぶと無難です。

壁と同様に屋根のケアも不可欠になります。屋根というのは壁よりも紫外線にさらされますので傷みやすい場所なのですが、めったに見えない場所ですし、いたみに気づく方も南津軽郡藤崎町ではわずかです。傷つくと建物の中に水が染みこみかびなどを引き起こす場合もありますため、何年かおきのケアが必須です。時期は壁と同じようにおよそ七、八年程度から十年くらいを目途に屋根の塗り替えをやっていくのが通例ですが、日本瓦は塗り替えを行う必要はないです。