家の外壁のタイプはモルタル外壁、サイディングボードというのが品川区でもたくさん使われ、そのほかだとトタンや板などがあります。モルタルは砂石やセメントなどを練り混ぜて作ったモルタル材を職人さんが壁に塗り、さらに塗料を塗って作るといったやり方で、サイディングボードが現れる前は多数をしめていました。今のほとんどはサイディング材の外壁となり、さきに工場等で作られたサイディングと呼ばれる壁材を貼り合わせる形で施工するものです。二タイプとも一定期間での外壁の塗装が必要であるという点では違いはないです。

塗り替えを行う際にきちんとやっておきたいのが色のチョイスになります。先立って塗装の色サンプルを元に決定するのですが、実際に塗られると思っていたものと違う風に出来上がったというような事が品川区でも多くなっています。小さいサイズの色見本で見る色と壁全面に塗られたものでは雰囲気は差が出ることも多いです。周りの建物の色彩とのフィット具合を意識してみる事も大切になります。通常は、鮮やかすぎる色だと年月の経過につれて色の衰えが出やすいので、上品な色にすると安全です。