壁と同じく屋根のケアも必須です。屋根は外壁よりも日光の影響を受けますので老朽化も早くなる箇所ですが、普段は目にしない箇所ですし、老朽化を心配する人も高崎市では少ないです。劣化すると中に水が入ってきて腐敗などが起きてくることもあるので、何年かおきの手入れが大事になります。期間はというと外壁と同様にだいたい7,8年くらいから10年くらいで塗装をやっていくというのが通常のやり方ですが、日本瓦は塗り替えをやる必要はありません。

壁の塗装についての広告では10年保障しますというように記述してある業者も高崎市では少なくないようです。10年保障ならば大丈夫だと思う人も多いですが、確認しておきたいのは保障の中身です。たいていの場合は保証されるのは外壁部分だけで壁から塗装が剥がれたケースだけ保障の対象となります。そうは言っても、外壁から塗装材がはがれてしまうというようなことはそうめったにはありませんし、外壁に比べたらはがれ落ちてしまいやすい鉄やトタン等というような場所は十年間保障が効かず、せいぜい三年程度という保証の中身になっている場合がたいていのようです。