家の壁部分にはサイディングと呼ばれる人工の壁材というのも横浜市都筑区ではよく使われます。サイディング材というのはケアの心配がいらないというようなイメージを持つ方も多いですが、モルタル外壁と同様に外壁塗装は重要です。だいたい10年位で塗装をすれば、およそ30年くらいはもちますが、塗り替えをしないままでいると早期にヒビ割れ等のような症状で使用できなくなってしまいます。サイディングボードも表は塗料で保持されている事に違いはありません。

塗り替え業者というと訪問営業がしつこいというようなイメージが横浜市都筑区でももたれています。ポスティングちらしを配ることもありますが、外壁の塗装をすべきですよという感じに急に玄関先に来る場合も増えつつあります。どういう理由で訪問営業ばかりするのでしょう。その理由は建物の壁が道から見えるからです。業者の営業は、町を散策して、それぞれの壁を吟味していって、外壁部分が古くなっている家を選んで訪ねてくるというわけです。全ての家におとずれるというわけではなく、壁の塗装が必要な家を選択して営業をかけているのですが、なかには、執拗な訪問営業を行うところもあるので注意してください。